読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンジュルム九位一体ホールコンin三郷に行ったら涙が止まらなくなった


久しぶりにまたブログ書くよ〜どーしてもこれは書きたかった。

アンジュルム九位一体in三郷に行ってきた話。


まず最初にわたしは田村芽実ちゃん推しです。七転び八起きを聴いてこの声誰?!ってなってから推し始めた上に生のめいめいと会ったのは次々続々リリイベのラクーアです。ほんっとに薄っぺらなど新規なことを承知に読む方は読んで下さい。





まずわたしは朝起きて泣いた。卒コンが平日な上に仕事が忙し過ぎて休みが取れず、めいめいの卒コンに行くために入ったFCすら機能させられず友人が声を掛けてくれたこの日の三郷公演が最初で最後のアンジュルムでの田村芽実のコンサートだったからだ(リリースイベントはわたしの中でコンサートやライブに含めていない)
なんでもっと早くからめいめいを推してなかったんだろうとかどうして卒コンが仕事の繁忙期なんだろうとかめいめいはアイドルとして後悔ないのかな、とかそれ以外にもわたしが考えても仕方のない事ばかり頭に次々と浮かんで寝起きで泣いてしまった。結果待ち合わせには遅刻した。すまん。


わたしには同じ町内にとても優しく楽しい友達がいてジャニーズしかりハロプロしかりその子と毎回行くんだが今回もその子と行ったのね。情報に疎いわたしに毎回声掛けてくれて本当にありがてえ。
1日まるっと楽しかったけどそれは今回書かずにコンサートの感想のみ。

まず一曲目の次々続々でゾクゾクした。洒落じゃなくて真面目に。今回のシングル曲わたしは勝手に田村芽実へのメッセージソングだと思ってて本当に凡な言葉だけど行っておいで、ゾクゾクさせてやれ、って言葉が痺れた。本当にアンジュルム全員がめいめいのこれから進む道に振り返らないで進め、大丈夫って荒々しく強く背中を押すように思えたら涙が出た。
トンテンガエシから糸島、カクゴしてでのめいめいの表情の変わり方が美しかった。自らフェイスに難ありと二期を巻き込んだあの頃の田村芽実はいなくて曲や歌詞に合わせてフリや表情を変える姿はもう演技を見ているような感覚でああ、この子はすごいって。アイドルであって演者なんだと思った。アイドルの田村芽実に少ししか関われなかったのが悔しくて泣いた。オーディションでつんくちゃんが自分を魅せるのがうまいって言ってたけど本当にあの頃からめいめいは始まってたんだなって。これ書きながら泣きそう。

カクゴして〜カルバナル〜マリオネットは泣き疲れてぼーっとしてた。確かこん時かなぁ?めいめいが中央でターンした時に時が止まった感覚した。違ったらごめんけどめいめいが回った時にそこだけ、半径数メートルだけ綺麗に時間がゆっくりした。わたしめいめいの声に惚れて後から顔を知ったけど踊りも堪らなく好き。高校時代にバスケ部の人がシュート決めた時空中で人は止まれるんだって感動したんだけどその時の感覚が蘇った感じした。

新日本の進めはよくカラオケで歌うんだけどやっぱいい。汗かいた。メドレーも良かった。寒いね。わたし大好きなんだけど生で聴けてよかった。わたしは暑かったけどな。あとあやちょとかみこの手を握って〜良かった。てかあやちょまじ女神。友達とアンジュルムの話してうちらあやちょの話ほぼしないの。うちらじゃ語れないレベルなんだよなぁ。大好き過ぎて手が届かないっていうのかな。あやちょなら間違いないみたいな安心感。あやちょまだまだアイドルしててね。

恋ならとっくに〜のめいめいの台詞。本当にいい。生で4回聴いたけど全部違う。なんだろう!わたしの感じ方かな。色んな受け止め方というか感じ方あるよね、あの曲。歌い続けて欲しいな。

アメリカのMCは手叩いて笑った。本当にタケちゃんいーよね。かななん推しの友達は写真集の下りで絶叫してたけどな!会社で同期いないわたしは同期って言葉に本当に憧れる。クセのある人間だらけでいいよ、アメリカ。好きです。

わたしがめいめいに出会えた七転び八起き。また泣いた。人生なんてジェットコースターみたいだ。ここの声でめいめい知ってアンジュルム、スマイレージいろいろ調べてその声に元気もらって笑顔とか行動にほっこりさせられて。人を巻き込むようなマイナス発言して心配になったりしたけど群馬から出てきた女の子がここまで昇りつめるのはどれだけ努力してどれだけ心折れて泣いてきたんだろうってそこのワンフレーズで語られるだけでは物足りないけどまさに田村芽実はジェットコースターみたいな青春を過ごしてきたんだなって。涙が止まらなかった。

本編最後の友よ。アンジュルムらしい明るい見送りソング。

泣いたり笑ったりせつなすぎる
若さ全て振り切って

友よ 約束しよう。
迷ったらここに集合
友よ 前だけ向けよ
こんなもんじゃないだろう?

こんな背中ぶっ叩かれるお別れないよね〜わたしとひとつ開けて隣のめいめい推しの人2人して泣いてた。めいめいがアンジュルムで良かった。

アンコール含めて泣きっぱなしだったコンサート。こんな泣いたコンサート初めてだった。いい年してめいめい推しアピールで下まつげに塗った紫色のマスカラも全部なくなってた。ラメもなくなってた。心の中で何度もまだ卒業しないでって思ったし9人のアンジュルムをまだ見ていたいって祈った。冗談じゃなくて本当に。でもそれは無理だしめいめいにはめいめいの人生があるわけで。ヲタクとしては前向きに応援しなければならないのもわかってる。アンジュルム自体は勢いあるし雰囲気いいからこれからも推したいけど暫くは推しは見つけられそうにないかな、って思った。新規だし思い出なんて本当にちょこっとしかないけどそれでもめいめいが大好き。タケちゃんが言った、見つけてくれてありがとうをここに連れて来てくれてありがとうで返したい。本当に幸せででもせつない時間でした。

武道館はいけないけど行かないで正解なのかもしれない。その日は泣きながら後悔するだろうけどめいめいのアンジュルム最後は自宅で観るまで受け入れられそうにないです。ただ、めいめいの声やパフォーマンスは映像や音源で残るからわたしは忘れません。本当にめいめいがアンジュルムにいて、知れて良かった。あと少し、アンジュルムでの時間を愛して下さい。そして舞台でまた会おうね。絶対だぞ!


最高の1日でした。ちょっと早いけど、アンジュルムのめいめいバイバイ!f:id:m_co26r30:20160518005031j:image 

f:id:m_co26r30:20160518005550j:imagef:id:m_co26r30:20160518005524j:image